リカシツ ビーカー

コーヒー器具

リカシツのビーカーが使いやすくてかわいい!ドリップに使えるよ!

更新日:

リカシツのビーカーを買って、コーヒーを淹れる楽しみがひとつ増えました。

購入のきっかけは、愛用していたHARIOのビーカーが割れたから。

割れてしまったときこそショックでしたが、最近コーノ式のドリッパーを使うようになってからは、もう少し口の広いビーカーが欲しいなと思っていたんですよね。

なので、結果的には新しいビーカーに出会えて良かったなと思っています。

そんなわけで今回は、おしゃれでかわいいリカシツのビーカーをご紹介。

リカシツブランドについて

リカシツは医療用ガラス製品を扱っている「関谷理化株式会社」が運営するアンテナショップです。理化学+インテリアを目指し、2015年に清澄白河にオープンしました。

リカシツのサイトを見てみるとエアプランツとフラスコを組み合わせていたりしてとても素敵です。多肉とかも合いそうですね。試験管に一輪挿しとかはしてみたいと思っています。

このコンセプトは最高に好きな感じなので、ビーカー以外も非常に気になり始めています。

 

意外と悩んだビーカー選び

ビーカーの選択肢は4つ。

  1. HARIOのビーカーをもう一度買う
  2. HARIOのサイズ違いの口が広いビーカーを買う
  3. リカシツのビーカーを買う
  4. キントーのビーカーとドリッパーのセットを買う
    (コーヒージャグセット)

HARIOは一番最初に思い浮かんだのですが、「まあ待て、ほかにも絶対あるだろ」ということで、ちょっと見てみるといろいろあるもんですね。

書き出したのもほんの一部で、特に気になったモノだけです。結構いろんな種類のビーカーを見ました。

選択肢④のキントーのドリッパーとビーカーのセットはこんな感じ。

これは近所のMOEという雑貨屋に置いてあって現物を見てしまったのでかなり欲しくなりました。

1杯分から淹れれるし、ビーカーもおしゃれ。さらにステンレスフィルターも使ってみたかったときたらもうヤバい。でも欲しいのは実際ビーカーだけで、ドリッパーは足りてるじゃないか。ってことでやめました。

金額もビーカーを買うだけに比べると結構高くなるので、冷静になって良かったです。

HARIOは単純に今回は違うのにしようと思って、すぐに除外されました。そんなわけでリカシツのビーカーを買うことになったのです。

 

リカシツのビーカーのおすすめポイント(HARIOとの違い)

先ほど紹介したキントーは使ったことがないためHARIOとリカシツのビーカーを比較します。

リカシツもHARIOも変わらないことは耐熱・容量300ml・最低50mlずつ計量できるさらにリカシツは25mlで計量可能

ここまで同じならビーカーでそんなに大差ないだろという感じがあるかもしれませんが、使ってみると見た目以上に違いがあることがわかります。

 

最大の違いは取っ手(とって)があること

リカシツ ビーカー

HARIOの写真発見!

取っ手はすごく便利です。HARIOには取っ手が付いていなかったため、熱湯を注いだあとは持つのがしんどかったです。

取っ手があることによって、マグカップのような使い方をすることもできます。実際マグカップとして使っている方もTwitterで見かけました。

 

フォルム(デザイン)がかわいいビーカー

リカシツ ビーカー

リカシツはぼてっとしていてかわいらしい形をしています。ビーカーってかわいいんだな、ということをリカシツに教えられました。笑

口の部分が大きく開いていることもあり、コーノ式のドリッパーも入ります。

 

リカシツ ビーカー

以前持っていたHARIOの形はいたって普通ですが、トールタイプでしたので、少し口が狭いビーカーでした。

HARIOがかわいくないとまではいいませんが、「こいつかわいいな」と思ったことはありません。笑

 

ビーカーとコーヒーは相性が良い。ドリップ用のサーバーとして使える

上でももうコーヒーの話にかすってしまいましたが、僕がビーカーを持っている理由はコーヒーを淹れるときに使うから。

もちろん料理用としても使っているのですが、ドリップではかなり役立ちます。

コーヒーを淹れること・飲むこと、どちらも好きなので、普通のドリッパーセットじゃなくてたまにはビーカーで淹れたいってときもあるんです。

 

コーノ式

さらに我が家のコーノ式のドリッパーは4人用のため、メモリが2杯分から。1杯分だけ飲みたいってときには難しいんです。というかものすごくアバウトにしかできません。

だから100mlや150ml飲みたいときにはビーカーが役立ちます。

コーノ式は1g10mlの抽出を推奨していますので、、150ml飲みたければ15gの豆でオッケー。本来ならば、一人用のドリッパーを使うべきなのですが、今はまだそこまでこだわれていません。

この辺りの詳しい話をすると長くなるので、気になる方は『おいしいコーヒーを飲めるコーノ式(KONO)ドリッパーがおしゃれ』をご覧ください。コーノ式について詳しくご紹介しています。

 

リカシツ ビーカー

リカシツ ビーカー

リカシツ ビーカー

そんなわけでコーヒーを淹れるとこんな感じでおしゃれです。
そのまま飲んでもいいのですが、ホットコーヒーはマグカップで飲んだほうがおいしく感じられました。

 

アイスコーヒーはホットより良い感じ。
リカシツのビーカーは結構コーヒーに合うと思うんですよね。そのまま飲むかどうかは気分次第で。

ちなみに、リカシツオンラインではドリッパーセットも売っていました。ちょっと高いけど気になります。

 

リカシツのビーカーまとめ

思いのほか良いビーカーに出会うことができました。

実は今回、Amazonでは2つセットでしか販売していませんでしたので、予備も持っています。また割れてしまったときも安心なので、気楽に使えますね。

  1. デザインがかわいい
  2. 取っ手が便利
  3. メモリが25ml単位でついている

とても良いビーカーです!

 

ついでに購入先について

購入先はAmazonもしくはリカシツのネットショップです。

 

  1. Amazonは2個セットしかない
  2. リカシツのサイトは送料がかかる(10,000円から送料無料)
  3. サイトを見たら他も買ってしまうかも。笑
  4. Amazonで2個買っても、送料をかけてリカシツのサイトで買っても500円程度の差にしかならない

通販の比較はこんな感じです!正規オンラインショップもぜひご覧ください。

Link: リカシツのオンラインショップ

 

PICK UP!

たくさんのコーヒー器具を紹介しているおすすめのページです。いろんな器具を試すとどんどんコーヒーを淹れることが楽しくなります。

Link:インテリアにもなるおしゃれなコーヒー器具やグッズのおすすめリスト

 

この記事が気に入ったら
いいね !

おすすめ記事

マキネッタ淹れ方 1

『エスプレッソやラテが好きな方におすすめのマキネッタ』 自宅で手軽においしいコーヒーを飲むための道具で『マキネッタ(モカ ...

コーノ式 名門ドリッパー 2

コーノ式名門ドリッパーを含めて今まで3種類のドリッパーを使ってきました。 ケメックスの美しさに惚れ込んで始めたコーヒーラ ...

カフェロッソ 3

最高におすすめしたい『カフェロッソ』のコーヒー豆についての魅力をお話します。 コーヒーを好きになってからは、豆を置いてあ ...

麦茶 4

『毎日飲みたくなるリピートしたい麦茶を探しました』 麦茶=夏! そんなイメージが強いかもしれませんが、僕は365日煮出し ...

-コーヒー器具

Copyright© KITCHEN45 , 2017 All Rights Reserved.